基本情報

  • また行きたいレベル:
  • 料金:一つ50元
  • 最寄り駅:中和新蘆線(オレンジ)、行天宮駅
  • 住所:台北市中山區民生東路二段138號

感想

始めに

台湾のグルメは星の数ほどあります。今回、紹介する刈包はどちらかと言えばアプローチしにくいグルメで、台湾グルメB代表とも言えるでしょう。

魯肉飯や鶏肉飯、包子など台湾グルメA代表に比べて圧倒的に食べれる場所が少ないのが原因です。

ですが、台湾グルメB代表達が実力でA代表に負けるかと言うとそうでもありません。

そんなわけで今日は美味い刈包(台湾式ハンバーガー)を紹介しますよー。

はじまりー。

刈包
刈包。

これが刈包です。包子の中に豚煮や野菜、ゴマなどを挟んで食べます。店によって挟むものはまちまちですが、豚煮は鉄板です。

刈包
一口食べた図。


「石家割包」では包子に豚煮(角煮ではない)、高菜のつけもの、ゴマを挟んでくれます。

一口食べると包子と豚煮と高菜がバランス良く絡み合います。豚は脂身が少ない部位で多少噛みごたえがあります。高菜はピクルスのような役割をしていて刈包には無くてはならない存在です。ゴマも全体を整えるのに無くてはならない名脇役です。

刈包
ちゃんと写真付きのメニューがあるので何が出てくるか分からない不安はありません。

刈包
手書きできるメニューもあります。

刈包
こんな感じで作ってくれます。

おばちゃんと姉ちゃん二人で切り盛りしていましたが、超ロックですw。二人に大陸の血を感じます。声がでかく、もはや元気を通り越しています。いいですねー(棒)。

刈包
みてください。

お客さんが座る席に土足で足をあげて作業。ロックです。かっくいー。二人のロッカーにコテンパンにされる覚悟をして店に訪れてください。

Ads by Google

場所

刈包
中和新蘆線(オレンジ)行天宮駅から徒歩3分。大きな通り沿いにあります。

台湾でも有名な行天宮が近くにあります。行天宮はいつも熱心な参拝客で賑わっていて、有名な龍山寺に負けず劣らずといったところです。

中でも行天宮が凄いのは参拝の方法などの楽しみ方(?)が機械を通して多言語で提供されているところです。参拝方法が分からない観光客には嬉しいですね。

行天宮を訪れる予定がある方は軽めの昼ごはんにぴったりです。お参りの前にどうぞ。

最後に

刈包を始めとする台湾グルメB代表は多くあります。

実力的にはA代表に劣らないわけですから、たまには彼らにもスポットライトを当ててやってください。

また違った台湾の顔を発見できるはずですよ。

今日も美味しいグルメに謝謝(xie xie)〜。