基本情報

  • また行きたいレベル:
  • 料金:一つ150元〜
  • 最寄り駅:南港線(青)、忠孝敦化駅(本店)
  • 住所:台北市大安區忠孝東路四段297號

感想

台湾を飛び出し日本にも店舗がある ICE MONSTER。

日本にもあるものを台湾の本店で食べる。これこそが真の漢。

ということで、今日もはじまりー。

ice monster
タピオカミルクティーアイス。左手前の白いのがパンナコッタで右奥がタピオカ。メインはミルクティーをアイスにして削ったもの(雪花冰)。

はい。これが、タイトルにあるタピオカミルクティーアイスです。ICE MONSTERに来たら必ず頼みましょう。一番美味いです。

タピオカミルクティーを凍らせて削っただけの何のことはない商品なのですがクセになるアイスです。味はタピオカミルクティーそのまんまですw。

タピオカはアイスにかけて食べても良いですが、タピオカの暖かさで雪花冰のフワフワが半減するので注意が必要です。私は最初にスプーンで少量のタピオカをすくって、そのまま雪花冰とパンナコッタをすくって食べています。こうすれば長く雪花冰のフワフワを楽しめます。

ice monster
信義店。

本店も信義店も、いつも人で賑わっていて同じような行列ができています。ですが、本店のほうが店内が広いせいか行列の長さに対して待つ時間が短くて済みます。よって、行くなら本店がオススメです。

一つ気になったのは行列ができているときでさえ、中で商品を作る人よりも接客をする人の方が多く、暇を持て余していることがあったということです。

実際に信義店で遭遇した場面でいうと、作る人1人に対して、接客(品出し含む)が三人。

ま、回ってるから良いのかもしれませんが、私がボスだったら逆にするか、せめて半々にしたいですね。

場所

ice monster
本店。

上の地図と住所は本店のものです。南港線(青)、忠孝敦化駅から徒歩で3分です。

台湾人の友人曰く、このエリアは近年西門よりも台北の若者で賑わう場所らしく多くのアパレルショップやお洒落な飲食店が立ち並びます。

西門よりもちょっと大人な感じで、日本で言うと渋谷(西門)と表参道(このエリア)みたいな感じ。。。かな?

表参道などで目の肥えた日本人の若者には、物足りないかもしれませんがたくさんのお店があるので遊ぶにはピッタリの場所です。

最後に

ice monster
芋のアイス(名前忘れた)。

ICE MONSTERでマンゴーアイスをオーダーしている人を見かけますが、愚策です。正直言って、ICE MONSTERは他の店と比べてフルーツ自体がそこまで美味しくないのです。

美味しいマンゴーアイスを食べたいなら他の店に行くべきです。ここにはタピオカミルクティーアイスを食べに来てください。

ICE MONSTERの名の通り、王道とは少し距離を置いたゲテモノ系(?)が美味いです。

と、思って、上の芋のアイスもチャレンジしましたが、これは果てしなくイマイチでした。芋が甘すぎです。。。しかも雪花冰が少量で下の氷が多すぎ。

ice monster
食べたら公式キャラと同じような顔になりますw

そんなわけで!台北を訪れた際はICE MONSTERでタピオカミルクティーアイスを!!!

今日も美味しいグルメに謝謝(xie xie)〜。