基本情報

  • また行きたいレベル:
  • 料金:普通に食べて一人100元ちょっと
  • 最寄り駅:淡水線(赤)、東門駅
  • 住所:台北市大安區金山南路二段18號

感想

始めに

「台北では何を食べても美味い」。これはブログのキャッチコピーにもある通りです。

ならば、台北で成功しているフランチャイズ(チェーン店)のお店で食べたら格別に美味いに違いない。

こんな仮説を立てるのも不思議ではないでしょう。

しかも台湾のソウルフードとも言える魯肉飯で成功している魯肉飯ならなおさら!

そんなわけで今回紹介するのは魯肉飯フランチャイズ「鬍鬚張魯肉飯」。一時期日本にも何店舗かあったようです。

はじまりー。

髭魯肉飯
魯肉飯、空芯菜、鶏肉飯(右手前から順に)

頼んだのははどれも台湾で愛されるソウルフードたち。

まず魯肉飯。その辺の屋台で食べれる魯肉飯と大差ありません。中華独特の香辛料少し入っていて良い香りがします。肉は柔らかくご飯と食べると一体化します。脂身が多いのも一つの理由です。米の固さは私好みの固め。最も好印象なのは米でした。

次に空芯菜。やっぱりこれもどこでも食べれる感じ。むしろどちらかと言えばその辺の屋台に劣る。野菜が新鮮な感じせず。調理法にも問題があるのか、かなり青っぽさが残っていた。にんにくの量も少なく、細かく刻んであるためにんにくをあまり感じない。総じて台湾っぽくない空芯菜。

最後に鶏肉飯。かなりオイリー。鶏肉自体は淡白なのですが、ご飯全体に鶏肉の味付けに使ったと思われるタレのようなものが大量にかけてあります。かなりオイリーで辛かった。

店員さんは良く教育されていて元気で親切だった。そして、ふざけているのかと思うくらいアニメ声の女性店員さんがいました。

台湾で大きく展開している飲食店に行くと感じることですが、従業員も皆そこで働けることに誇りを持っているようにも見えます(台湾はこの辺の教育のシステムをもっと世界に輸出することを考えても良いと思う)。

看板の髭の親父さんはいません笑。

食べている人はまばらでした。台湾人も毎日魯肉飯食べるわけじゃないしね。

場所

髭魯肉飯
今回訪れたのは淡水線(赤)東門駅から歩いて10分ほどの場所にある店舗。

近くには台湾通信大手のビルがあったり中正記念堂があったりと、少し歩くとたくさん人がいる場所。

場所的にはもう少し店に人が居てもよいのかなぁ。。。と。

最後に

台北屈指の魯肉飯フランチャイズ「鬍鬚張魯肉飯」。正直微妙でした。その辺の屋台の方が美味しいです。

台北で成功しているフランチャイズ(チェーン店)のお店で食べたら格別に美味いに違いない。

この仮説は今回は当てはまりませんでした。

ただ、不味いわけではありませんので髭の親父が気になる人は自分の舌で確認してみることをオススメします笑。フランチャイズと言えど店舗毎に差もあると思いますし。

今日も美味しいグルメに謝謝(xie xie)〜。