基本情報

  • また行きたいレベル:
  • 料金:一杯50元くらいまで
  • 最寄り駅:淡水線(赤)、南港線(青)、台北駅
  • 住所:台北市中正區、南陽街36號

感想

image
「找道茶」はフランチャイズのお店らしいですが、私は台北駅にある店舗しか行ったことがありません。「また行きたいレベル4.0」をつけたのは実績ベースで、写真にある豆漿紅茶(豆乳ティー)を良く飲みます。

image
ただの紅茶(Hóngchá)も良く飲みます。

いずれの飲み物も名前の通りの味で想像どおりです。ただ、普通だと甘すぎるので砂糖は少なめにしてもらっています。

私は、先日紹介した「胡椒餅」と一緒に食べるのが好きです。

「 台北駅周辺の胡椒餅と言えば福州世祖胡椒餅」

女の子らしい若い店員さんが対応してくれることが多いです。英語は微妙に伝わります。

なお、「找道茶」では商品を選んだ後に以下の2つを選ぶ必要があります。

  • 氷の量
  • 砂糖の量

何か聞いてきますので、氷の量少なめが良ければ「少冰(Shǎo bīng)」、砂糖の量少なめが良ければ「少糖(Shǎo táng)」と伝えましょう。

「找道茶」以外でも飲み物を売っているお店なら、氷の量や砂糖の量を対応してくれる場合が殆どですので覚えておいて損はないフレーズです。台湾人とのコミュニーケーションの第一歩は飲み物屋さんをオススメします笑。

場所

image
台北駅の南側(三越の方)にあります。三越から3分くらいでつきます。店から少し南に下ると「二二八和平公園」がありますので、甘い飲み物を買って公園で飲むのも吉です。

先日の記事でも書いた通り、台北駅周辺は一度は歩いてみる価値のあるエリアだと思います。是非、甘い飲み物片手にネリネリ歩いてみてくださいね~;)

補足

「找道茶」のフランチャイジーになりたい人は公式サイトから募集してますので是非日本でお願いします。日本で飲めるようになったら嬉しいな〜。

今日も美味しいグルメに謝謝(xie xie)〜。