基本情報

  • また行きたいレベル:
  • 料金:一つ8元から
  • 最寄り駅:中和新蘆線(オレンジ)、永安市場駅
  • 住所:新北市中和區新興街6巷2號

感想

ゆくゆくはシリーズ化したい饅頭・包子専門店です!

私は饅頭や包子が大好きですが日本語で専門店を紹介しているサイトや雑誌は非常に少ない気がします。

饅頭・包子大好きっ子として、この状況に断固として立ち向かわねばなりません。台北の饅頭や包子のことなら、このブログに来てもらえるようにまずは頑張りたいです。

さて、饅頭と包子の違いは字からも何となく分かりますが、饅頭が生地に具材を練り込んだりしたもので、包子が中に何かを挟んだものです。

※ただし、これは基本的な定義で、色々食べていると「これは饅頭じゃない?」とか「これは包子でしょうよ」とかなります。あくまでも基本的な定義ですの柔軟にいきましょう。

永安站
芝麻饅頭です。

永安站
一口目を食べて中が出てくるとこんな感じ。黒ごまあんがぎっしりと詰まっています。黒ごまあんと書きましたが、まぁ黒ごまのことです。すったごまに砂糖を加えて甘くしています。

饅頭の生地はふわふわ。台湾人の知人にオススメの饅頭を尋ねると、だいたい固めの饅頭を紹介されることが多いですが、ここのはふわふわ系です。多くの日本人の方にも好みのはずです。

永安站
他にもたくさんの種類の饅頭があります。全部は食べたことがありませんが、かぼちゃ饅頭と芋頭饅頭は文句のつけようがなく美味しかったです。やはりほんのり甘い系の食べ物を台湾人に作らせたら唸らざるを得ませんね。

種類もたくさんあって選ぶのも迷ってしまいますがオススメです。

あんまり元気のないおっちゃんが店を切り盛りしています。外にはメニューの写真もあったりするので指差しでいけます。

店には近所のおばちゃんらしき人が何人かいました。

そして買い方を見ていると非常に豪快でした。かぼちゃの饅頭15個一気買い。パーティーでもやるのでしょうかね。台湾でも爆買いを垣間見た瞬間でした笑。

場所

永安站
中和新蘆線(オレンジ)永安市場駅からまっすぐに向かえば、徒歩で3分くらいです。

ちょっと入った路地の中にありますが、大きな看板が堂々と存在を主張しているので直ぐに分かると思います。

近くに國立台灣圖書館や非常に雰囲気の良い八二三紀念公園あるので、ここで饅頭をたくさん買って八二三紀念公園で貪り食うのがおすすめです笑。

今日も美味しいグルメに謝謝(xie xie)〜。