番外編です。

台北で行く所に困ったら

image
夜市はもう色々な所に行った。足裏マッサージもやってみた。動物園も行った。有名な記念館や博物館にも行った。台湾に来る前に調べておいた行きたい所も、もう全部行った。

正直、もうやることがねぇ。。。飽きた。。。(?)

というような瞬間が訪れるのは旅行家にとっては珍しいものではないかもしれません。特に一つの国や場所を気にって短いスパンで何度も訪れる人は一度は経験したことがあるかもしれません。

でも、安心してください!!!

何処の国でもそうですが、旅行者が知ることのできる国の側面は何時だって限定されています。台北もそうです。

台北に来すぎてもう何もかも知り尽くしている。正直、台北は飽きた。

そんな気がするあなた!

大丈夫です。

行ったことのない駅の近くでお寺を探してください。間違いなく楽しめます。

何処の国でもそうですが、信仰の対象となる場所には人が集まります。そして人が集まる場所には商売人が集まります。

台湾ではそれが寺だったり孔子廟だったりするわけです。

熱心にお参りする人を見かけることが少なくない台湾ではなおのこと、こういった場所に多くの人が集まります。

結果、お寺(乱暴な言い方にはなりますが寺っぽいもの)の周りに経済圏ができて、色々な面白いものにめぐりあうことができます。

コスプレかと思ったらセーラー服を売るために明らかにサイズ違いのセーラー服を着ているぽっちゃりしたおばちゃん(それはそれで愛嬌)などなど。

日本では遭遇しなさそうな何だかよくわからない場面に遭遇します。それが面白いです。

合言葉は「寺を探せばうまくいく」です。是非トライしてみてください〜。

今日も台北に謝謝(xie xie)〜。