基本情報

  • また行きたいレベル:
  • 料金:80元くらい
  • 最寄り駅:松山新店線(緑)文湖線(茶色)、南京復興駅
  • 住所:台北市松山區南京東路三段303巷7弄

感想

一番最初に台湾に一人で訪れた時、期間は二ヶ月くらいでした。学生でしたのでお金もそんなにありません。そんな事情から安くバランス良い食事をすることが結構な優先順位でした。

そんな時にお世話になったのが「自助餐」。平たく言えば、お弁当に詰めるタイプの台湾式ビッフェです。

「台湾で安くてバランス良く美味しい食事がしたい」

そんなことを言われたら私は間違いなく「自助餐」を勧めます。

はじまりー。

自助餐
一汁四菜+豆の甘煮。

右から順に、魚の味噌煮、もやしのさっぱりナムル、セロリの炒め物、大根のあえ物、黒豆の甘煮、四神湯(※あくまで一例です)。

これで80元。安すぎる。バランスも文句なし(ものにちょっとオイリーなのは愛嬌w)。

味付けは日本人にも馴染みのある醤油ベースのものが多いです。パクチーだったり、きつい香辛料だったり、クセのあるものはほぼありません。

本当はビッフェの写真を撮りたかったのですが、混んでいてそれどころではなかったです。ちょっと美味しくなさそうに見えるのはフォトスキルの欠如が原因です。。。すいません。

何だから柄の悪そうなお兄ちゃんやおばちゃんたちが切り盛りするお店。ちょっと怖いけど気にしない気にしない。タットゥー入れてるけど怖くない〜よ〜by kohh 笑。

周りを見渡すと仕事帰りや学校帰りに一人で来ている人が多数。「自助餐」は台湾の一人暮らしを強力にサポートする力強い味方であることが感じ取れます。

ちなみに台湾の一人暮らしの家には殆どの場合、キッチンがついていないそうです。それもそのはず。こんな風に外食産業が発達している台湾では買って食事するよりも外食の方が大体の場合安いのだとか。

これだけバランスが良くて安く美味しいものがそこら中で食べれるのにコンビニ弁当を買う人がたくさんいるのは台湾の七不思議の一つです笑。

場所

自助餐
南京復興駅から歩いて5分くらいの場所にあります。辺りは他にも色々なお店があるものの何故か道は暗いです。

「自助餐」の看板を掲げるお店はここ以外にもたくさんあります。このお店の名物があるわけでもないので、わざわざここに訪れる価値もないと思います。

本当に色々なおかずが安く楽しめるので台湾に行ったら一度は「自助餐」チャレンジしてみてくださいね〜。

今日も美味しいグルメに謝謝(xie xie)〜。