基本情報

  • また行きたいレベル:
  • 料金:小が60元〜
  • 最寄り駅:松山新店線(緑)、北門駅
  • 住所:台北市大同區民生西路386號

感想

いつも同じ路地にカートで現れるお店。台湾にはそんなお店がいっぱいあります。

今日、紹介するのもそんなお店の一つです。

はじまりー。

黒糖芋
黒糖地瓜。

いやー。てりってりで見るからに甘そうな大量の芋たち。今か今かと我々に食べられるために待機しています。バラ売りをしておらず、椀のサイズで値段が決まり、大中小のサイズがあります。

黒糖芋
小椀、60元です。中にはホクホクてりってりの甘そうな芋たちが六個も入っていました。黒糖で煮詰めたホクホクの芋はイメージそのもの。日本でもさつまいもの甘煮がありますが、あれを更に甘くした感じです。

芋そのものの甘さもしっかりと感じることができます。日本人、これ好きでしょ。

黒糖芋
気が荒そうな顔をしてるけど、対応はめちゃくちゃ優しいおばちゃんが切り盛りしています。台湾語を使って少し話したら、何だかとても嬉しそうにしていました。

何度か前を通りましたが、だいたい観光客っぽい人たちが買っていました。迪化街ならではなのかもしれません。みんな歩き疲れて、甘いものを求めてここで買う。的な。

場所

黒糖芋
台湾屈指の観光地、迪化街にあります。迪化街と言っても狭くはないエリアですが、観光客で賑わうエリアは限定的です。ここは観光客で賑わうエリアにギリギリ入る好立地で甘えぇえええ芋を売っています。

迪化街は町並みや漢方、食材、乾物などで観光客には非常に有名です(台湾人の友達では知らない人もいたw)。

私は町並みが好きで訪れることが多々あります。一度は訪れる価値が充分にあるエリアです。訪れた際は、是非甘ぇえええ芋も楽しんでみてください:)

今日も美味しいグルメに謝謝(xie xie)〜。