基本情報

  • また行きたいレベル:
  • 料金:食べ過ぎても100元くらい
  • 最寄り駅:南港線(青)、後山埤駅
  • 住所:台北市信義區中坡南路32號

感想

朝ごはんに飯糰と豆漿のペアは最強です。

IMG_8009
台湾式おにぎりと紹介されることが多い「飯糰(fang tuang?)」。ですが、日本人にはおにぎりというよりは「混ぜご飯」を棒状にしたものと捉えると良いかと思います。「飯糰(fang tuang?)」を連呼してオススメのものを作ってもらうのがベストです。

豆漿は甘すぎる気がします。砂糖を少なめにしてもらうと良いです。「少糖(xiao tang)」を連呼すれば通じるはずです。

IMG_8010
中を食べるとこんな感じになっています。オムレツが入っていますね。これが店によってはゆでたまごになったりします。

お店のおばちゃんは凄く陽気な感じで、好感がもてます。「うちの飯糰うめぇから喰ってけ」的な感じです。

また、台湾の友人に「有名な豆漿を教えて」というと5人中、3人くらいは永和豆漿と答えてくれる有名なお店です。同じ名前を色々なところで見かけますが、看板や商品も違ったりすることが多いため未だにフランチャイズなのか何なのか分かりません。。。

更科そばみたいに単に種類を表しているだけなのかもしれません。ご存知の方がいれば教えてください。

場所

IMG_8007
台北駅から最寄り駅までMRTで20分くらいで、近くに服の問屋街(五分埔)があるので、練り歩く前に豆漿を買うのがオススメです。食べ歩きできる饅頭(mantou)もいいですね。

色々な場所で同じ名前の豆漿屋さんを見かけるはずですので、一度は試してみて間違いないです。

今日も美味しいグルメに謝謝(xie xie)〜。